志垣太郎の息子の写真と発達障害と俳優?大学と名前は匠で変?年齢と面白い?

Pocket

 

今回は俳優として活躍する

志垣太郎さんについて

見ていきたいと思います。

 


スポンサードリンク

志垣太郎(しがき たろう)

本名 河村稔

1951年9月22日生まれ

東京都出身

O型

 

1969年、高校生ながら芸術座の舞台「巨人の星」で主演を務め役者デビューしました。翌年にはNHKのドラマ「男は度胸」や大河ドラマ「樅ノ木は残った」にも出演。1971年のドラマ「おれは男だ!」での、森田健作さん演じる主人公のライバル役で若い女性を中心にブレイクしました。

 

その後も水戸黄門シリーズをはじめ、数々のドラマで活躍しました。また、1979年のアニメ「ベルサイユのばら」ではメインキャラクターであるアンドレ・グランディエ役で声優も務めました。最近では、「踊る!さんま御殿」や「有吉ゼミ」などバラエティ番組にも活動の幅を広げています。

 

プライベートでは、水戸黄門で共演したことをきっかけに元女優の白坂紀子さんと結婚。1988年に長男の匠さんが誕生しました。

 

 

志垣太郎の息子の写真と発達障害と俳優?

 

志垣さんは元女優で歌手としても活動していた白坂紀子さんと結婚しました。先ほど少し触れたように水戸黄門での共演がきっかけだったそうですが、実は志垣さんの一目惚れだったそう!

 

志垣さんは今でも白坂さんにゾッコンのようで、束縛が激しかったり、白坂さんの洋服選びも必ず口を出すそう…なんでも試着室にも一緒に入ってしまうとか!笑

 

束縛や干渉は強すぎると大変ですが、逆に現在まで続いているとなると白坂さんは相当愛されてるなぁと少し微笑ましくなりますね。そんな2人の間に生まれた息子の匠さんは、現在俳優として活動しています。そんな匠さんの写真がこちら!

 

 

濃い眉毛と目力がすごいですね…!志垣さんの血を濃く受け継いでいるようです。そんなそっくりな親子ですから、バラエティ番組で共演することも多いです。

スポンサードリンク

 

 

しかしその中での受け答えなどから、発達障害ではないかという噂が出てきました。たしかに、やりすぎなくらいていねいだったり、少し言葉のチョイスやテンションが独特なので、そう思う人がいてもおかしくはないような感じはします。

 

しかし、志垣さんがそういうことを言ったりしたこともないので、少しキャラが濃いというだけだと思います。

 

大学と名前は匠で変?年齢と面白い?子供の人数は何人?

 

では、そんな匠についてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

匠さんは立教大学社会学部の出身で、現在29歳。小さい頃からエンターテイメントが大好きだったそうで、5歳からはピアノを習い、高校生の頃は聖歌隊にも所属していたそうです。

 

また、高校〜大学時代にはハードロックやヘビーメタルにハマりバンドも組んでいたそう。ちょっと意外な感じがしますね。

 

このように昔から表現することが好きだったこともあり、2013年に奥田瑛二さんが監督の映画「今日子と修一の場合」のオーディションを受けて見事合格し俳優デビューしました。

 

 

それからしばらくはフリーランスで活動していました。ちなみにこの頃は和音匠(かずね たくみ)という名前で活動していました。そして、2015年から志垣さんも所属するオスカープロモーションに入り、名前を匠に改名。

 

二世俳優としてバラエティ番組を中心に活躍し、少し変わったキャラクターとその面白さで話題になりました。デビュー作以降は俳優としての仕事はありませんでしたが、4月からは三池崇史監督のドラマ「アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!」に出演しています。

 

 

親子共演も多いですが、お父さんを尊敬している好青年という感じで、どの番組でも志垣さんが嬉しそうなのが印象的です。大切な一人息子ですから、これからの活躍も楽しみで仕方がないでしょうね!

 

今回は志垣太郎とその息子さんについて主に見てきました。現在も大活躍の志垣さんと、本格的に俳優として始動した匠さん。これからはドラマでも親子共演が見られたりするかもしれません。とても楽しみですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)