柳葉敏郎の娘(子供)は大曲高校?嫁の画像と実家とファンで名前と死去?

Pocket

 

今回は、俳優として活躍する

柳葉敏郎さんについて

見ていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 柳葉敏郎

1961年1月3日生まれ

秋田県出身

O型

 

18歳の時にオーディション番組「スター誕生!」のテレビ予選に出場しました。合格はできませんでしたが、それをきっかけに上京し劇団ひまわりに入団しました。

 

その後、渋谷のNHKの前で寸劇をしていた「劇男零心会」に参加したのち「劇男一世風靡」を結成。その中で、歌いたいと手を挙げた柳葉さんや哀川翔さんなど7人のメンバーによるユニット「一世風靡セピア」で歌手デビューし、若者の間で大ブームとなりました。

 

 

俳優としては、「3年B組金八先生第2シーズン」や「踊る大捜査線」シリーズ、「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」シリーズなど数々の話題作に出演。

 

 

コミカルな役からシリアスな役まで幅広くこなし、主演も数多く務めました。プライベートでは、1997年に一般女性と結婚。2000年に長女が、2008年に長男が誕生しました。

 

娘(子供)は大曲高校?

 

先ほど少し触れたように、柳葉さんには2人の子どもがいます。一般の方なので、残念ながら画像はありませんが、お名前がこちら!

 

長女、さくらさん

長男、一路くん

 

長女のさくらさんは現在17歳の高校生。通っている高校は、なんと秋田県立大曲高校!秋田県!?と驚いた方も多いのではないでしょうか。

 

実は柳葉さん一家は、さくらさんが小学生になる前に秋田県に移住していたんです。柳葉さんは、子育ては空気がきれいで人柄も温かい自身の故郷の秋田でしたいと考えていたそうで、それを実現したようです。

スポンサードリンク

 

 

なので、自宅の住所が秋田である柳葉さんは、仕事があるたびに東京に出てきているそうです。子どもをいい環境で育てるためにここまでしてくれるなんて、とても子ども思いな素敵なお父さんですよね。

 

嫁の画像と実家と年齢とファンで名前と出身?死去?

 

そんな柳葉さんは愛妻家としても知られています。奥さんは12歳ほど年下の一般女性です。出会いは1994年のゴルフ場。柳葉さんがフジサンケイクラシックのプロアマ戦に出場していた時、待機中にファンの女性から手紙を受け取ったそうなんです。

 

 

そう、それが今の奥さんです!名前は裕子さんというそうで、実家は熱海のようです。いい家のお嬢様だという噂もありますね。そして柳葉さんは普段は特に返事をしたりはしないそうなんですが、なぜかこの時は電話をかけたそうなんです。

 

理由は自分でもわからないそうですが、なにか直感のようなものがあったんでしょうね。その後交際がスタートしてから2年目に、奥さんが交通事故に遭って入院します。

 

すると仕事で北海道にいた柳葉さんはなんとロケ終わりのその足で病院に向かい、3日あったオフの間ずっと泊まり込みで看病したそう!3日間ずっと一緒にいたことで裕子さんへの愛情が今まで以上に大きくなり、結婚を決意。

 

さらに2年後、交際4年でゴールインしました。それからも奥さんへの気持ちは薄れることなく、今でも一緒にカラオケに行くほど仲良しなのだそう!

 

また柳葉さんは8歳の時にお父さんを亡くしているため、父として子どものためにできることはすべてしてあげたいと考えているそうです。

 

長女のさくらちゃんが生まれた時には忙しい中、1ヶ月の休みを取り育児を手伝い、長男の一路くんが生まれた時にも仕事の前に子守りをしてから来たと会見で語ったりと、積極的に子育てに参加していました。

 

そして子どもが育つ環境を考えて、渋る奥さんを説得して帰郷。調べれば調べるほど家族思いなエピソードが出てくる、本当に素敵なお父さんです。

 

ちなみに、秋田から東京にきて仕事をしているためか、たまにスケジュールの関係でテレビへの出演がない時期が長くなったりすると死んだ?とか死去?といった噂が流れるみたいです。その噂はまったくのデマであり、上記のようにしっかりと生きています!!

 

ということで、今回は柳葉敏郎さんについて見てきました。シリアスな役もこなす柳葉さんですが、素はフランクで家族思いなお父さん。これからも家族のために、体にも気をつけて頑張ってほしいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)