荒川静香の子供(娘)はダウン症でめいちゃん?二人目妊娠と名前と画像?スケート?

Pocket

 

今回はプロフィギアスケーターの

荒川静香さんについて

見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

荒川静香

1981年12月29日生まれ

東京都出身

 

幼少期から、水泳、体操、そろばん、英会話ピアノなどさまざまな習い事をしていた荒川さん。

5歳の時にスケートクラブへ遊びに行ったことをきっかけに興味を持ち、フィギアスケートを始めました。

小学生になると本格的に習い始め、小学3年生になる頃には5種類の3回転ジャンプを習得し、天才少女と呼ばれました。

 

小学6年生で全日本ジュニア選手権に初出場し、初めて出場した国際大会トリグラフトロフィーでゆうしょう。

翌年には2回目の出場となった全日本ジュニア選手権でも優勝し、翌年、翌々年と史上初の3連覇を果たしました。

その後は国内大会では全日本選手権で2連覇するなど活躍しましたが、国際大会ではなかなか結果が残せないシーズンが続きます。

 

そんな中コーチや練習拠点を変えつつ調整を重ねた結果、2004年の世界選手権で優勝。

そして、翌シーズンの2006年のトリノオリンピックで、フィギアスケートのアジア人選手で初めて、そして女子フィギュア史上最年長(24歳)で金メダルを獲得しました。

 

 

その後はプロに転向し、アイスショーへの出演や企画・演出、スケート教室での指導、解説者として活躍しています。

また、2014年には史上最年少で日本スケート連盟副会長に選ばれました。

プライベートでは2013年に結婚し、翌年には長女を出産しました。

 

子供(娘)はダウン症で名前はめいちゃん?

 

荒川さんは、2013年の誕生日に一般男性と結婚しました。

旦那さんは外科医をしているようですが、一般の方なので写真や名前は公表されていません。

 

 

馴れ初めは、荒川さんのお母さんの紹介。

知人に結婚していない人がいるということで紹介され、お見合いのような形で出会ったそうです。

スポンサードリンク

 

この旦那さんはなんとテレビを持っていなかったらしく、荒川さんのことも「オリンピックでメダルを取った人」ということくらいしか知らなかったそう。

お互いに先入観を持たずに交際できた良かったのかもしれませんね!

そして2年弱の交際の末、旦那さんからのプロポーズでゴールイン。

ハワイで挙式しました。

 

 

身体が引き締まっている上に顔立ちも綺麗なので、とてもドレスが似合いますね!

そして2014年11月、長女が誕生しました。

噂では名前は「めい」ちゃんだと言われていますが、旦那さんも一般人ということで顔も名前も公表されていません。

また、ダウン症ではないかという噂もありますがこちらも信憑性は低いです。

 

二人目妊娠と画像?スケート?

 

残念ながら娘さんの名前や画像は見つかりませんでした。

しかし、妊娠中の荒川さんや出産後の様子の画像はありました。

まずは臨月の荒川さん。

 

 

…まさかの氷の上!笑

2014年4月に妊娠3ヶ月であることを発表し、しばらくの間アイスショーなどへの出演を取りやめることを発表した荒川さん。

しかし、適度な運動として妊娠中にもスケートを続けていたようです。

さすがプロですね〜

見ている方はハラハラしそうですが…笑

そして出産から1ヶ月後には娘さんを連れてスケートを本格的に再開し、解説者としての仕事にも復帰しました。

アスリートなだけあってとてもタフですね!

そんな荒川さんの出産後の娘さんと写った貴重な画像がこちら。

 

 

選手時代の凛々しい表情から、すっかりお母さんの顔になっています。

こんな美人のお母さんだったら、きっと娘さんも綺麗になるんでしょうね。

2人目も考えているという噂もあるので、これからの動向にも注目です!

 

ということで、今回は、荒川静香さんについて見てきました。

現在もフィギアスケートの発展のためにさまざまな活動をしている荒川さん。

これからも家族の存在を支えに、素敵な演技をたくさん見せてほしいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)