松岡修造の子供(娘)の宝塚の芸名と何組?学校と現在の年齢と身長?

アスリート
スポンサーリンク
Pocket

 

今回はスポーツキャスターでテニス指導者の松岡修造さんについてみていきたいと思います!!

 

画像出典元:トレンド通信

 

松岡修造さんといえば、元男子テニス日本代表で偉業を成し遂げたことは皆さんの記憶にもあるのではないでしょうか。私生活において結婚後は潔く現役を引退し第二の人生としてニュースキャスターとしてまたテニスコーチとして活動され、その明るい性格でバラエティ番組ではいじられキャラが定着、多方面で活躍されていますよね、今回はそんな大人気タレント・松岡修造さんのご家族について、中でも娘さんのことを中心に調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【松岡修造の子供の情報はある?】

 

松岡修造さんに関する簡単なプロフィールをご紹介します。冒頭にも書いたとおり日本テニス男子の日本代表として活躍後、結婚を機に選手生活を引退し、現在では、スポーツキャスターやタレントとして、多くの番組に出演されていますね。

 

また、バラエティ番組やCMなどにも多く出演されていたり、毎年のカレンダーも人気で幅広いジャンルでの活躍となっていますね。1998年、元テレビ東京アナウンサーの田口恵美子さんとの結婚から1年後には長女が生まれ、その後2003年には長男がそして2005年には次女が誕生しお子さんが3人いらっしゃいます。

 

【松岡修造の娘が宝塚?】

 

さて、今回は松岡修造さんの3人のお子さんたちの中で娘さんについてとくに調べていこうと思うのですが、娘さんが宝塚音楽学校へ入学していると言う情報があります。どういうことなのでしょうか?

 

宝塚に入るということはすでに芸名などが与えられ、舞台などに立たれているということのなのでしょうか?そもそも2人いる松岡修造さんの娘さんの中でどちらのお嬢さんなのでしょうか?いろいろと以下で詳細について調べていきたいと思います。

 

【松岡修造の娘は宝塚で芸名と身長?】

 

では早速、松岡修造さんのお子さんたちの詳しい情報をみていきましょう。1999年に誕生したのは長女の恵(めぐみ)さん、2003年に誕生したのは長男の修(しゅう)くん、そして2005年に誕生したのが次女の笑(えみ)さんです。

 

宝塚に行ったのは恵さんか笑さんということになるのですが、宝塚音楽学校へ入学したのは長女の恵さんです。恵さんは2017年に競争率26.1倍の超難関試験に一発合格をし宝塚音楽学校へ入学されました。そして2019年3月に無事に105期生として宝塚音楽学校を卒業、その際に芸名『稀惺かずと(きしょうかずと)』が与えられました。この芸名からもわかるように長女・恵さんは宝塚歌劇団では『男役』の俳優さんになられたわけですね。

 

画像出典元:ONESEARCH

 

お写真からもわかるようにその容姿はスラッとしなやかで身長は163cmあるそうです、もしかするともう少しまた身長も高くなっているかもしれませんね。宝塚歌劇団でスター(男役)をされるというのも納得ですね。芸名の中にある『惺』という字には「澄んだ心、落ち着いて鈍ることなく、いつも冷静」という意味があるそうなのでスターを目指す男役にふさわしくピッタリな芸名ですね。

 

【松岡修造の娘は宝塚で何組?】

 

さて、宝塚歌劇団に入り、気になるのは芸名の他に何組に所属するのかということですよね。卒業後、恵さん改め、稀惺かずとさんは「星組」へ配属が決まったことも報告されています。初舞台は2019年4月19日から宝塚大劇場で上演されていた宙組の「オーシャンズ11」だったそうで、そこで見事なダンスも披露したのだそうです。じつはこの星組への配属は発表前から予想されてきただったそうです、それは一体なぜなのでしょうか?じつはそれには松岡修造さんの家系が関係しているようです。

 

松岡修造さんの母つまり稀惺かずとさんの祖母である千波静さんは元タカラジェンヌで、千波静さんもまた宝塚歌劇団在団中は「星組」に所属しておられたのです。そのため宝塚に詳しい方たちの間では孫の稀惺かずとさんが音楽学校卒業後は「星組」に所属になるであろうと思っていたようですね。更に言うなれば松岡修造さんの祖父・小林一三さんは宝塚歌劇団の創設者でした。なのでなるべくしてタカラジェンヌになったと言えます。

 

一部では「コネ」があったのではないかと言われていますが、稀惺かずとさんは音楽学校在学中には無遅刻無欠席で「特別皆勤賞」を受賞するほどの頑張り屋さんであり努力の人です。仮に「コネ」で入学できたとしてもその後優秀な成績を取り続けること、認められるにはやはり「コネ」だけではカバーしきれません。それにそんな心無い言葉はきっと稀惺かずとさんの耳にも届いていることでしょう、しかしそれでもしっかりと舞台を踏むまでになっているというのはやはり努力なくしてできることではないと思います。

 

【松岡修造の娘の学校?】

 

ではここからは宝塚歌劇団に入団し稀惺かずととして活躍している松岡修造さんの長女・恵さんと、次女の笑さん、2人の娘さんの学歴についてみていきたいと思います。恵さんは高校を卒業後に宝塚音楽学校へ入学しましたがじつは恵さんと次女の笑さんは「日本女子大学附属豊明幼稚園」へ入園しそのままエスカレーター式に進学をしています。

 

「日本女子大学附属豊明」といえばお嬢様学校として有名、中学・高校の偏差値は65と高くまさに才色兼備という言葉にふさわしい名門中の名門。高校卒業後の進学先には内部進学だけではなく外部受験をして名門校に合格する優秀な人が多いそうです。ちなみに長男の修くんは「慶應義塾大学付属」の学校へ入学していたそうなのでお子さん3人ともかなり賢いお子さんたちだということが分かりますね。

 

【松岡修造の子供の現在の年齢?】

 

お子さんたちは2021年1月現在、恵さんは22歳に、修くんは17歳、笑さんは16歳になります。これは勝手な想像ではありますが、宝塚音楽学校へは中学卒業時から高校3年生までの計4回受験するチャンスがあります。

 

つまり次女の笑さんも目指そうと思っていればまだ受験のチャンスはあります。もし今後、笑さんが宝塚音楽学校へ入学するようなことがあれば姉妹での共演というのもあるかもしれませんね。

 

【松岡修造の嫁は田口恵美子】

 

では最後に松岡修造さんの奥さんのこととのことを少しご紹介しますね。冒頭にも書きましたとおり奥様は元テレビ東京のアナウンサー・田口恵美子さん。スポーツ選手とアナウンサーのカップル、夫婦は結構たくさんいらっしゃいますね。

 

取材などからの出会いが、多いと考えられます。お二人の馴れ初めは、1994年のウインブルドンの出場がきっかけなのだそう。その後、松岡修造さんは、海外の遠征先から、日本の田口恵美子さんに、毎晩電話をかけていたそうです。さすが熱いお方ですね。ちなみにこの時の松岡修造さんは、ベスト8位進出と、良い成績を残しています。

 

【まとめ】

 

画像出典元:chickstalk

 

今回はスポーツキャスターでテニス指導者として活躍しておられる松岡修造さんについてとくに娘さんのことみてきましたが、いかがだったでしょうか。松岡修造さんにはお子さんが3人いてそのうちの2人が娘さん。

 

娘さんは2人もお嬢様学校としても有名な「日本女子大学附属豊明」へ通い長女の恵さんはその後超難関試験の宝塚音楽学校へ進学し、現在は稀惺かずとという芸名で雪組に所属、また次女の笑さんも「日本女子大学附属豊明高校」に在学中、今後の進学先にも注目されます。松岡修造さんのそんなお子さんたちの成長を見守り、いつか長女の稀惺かずとさんと何かしらの形でメディアで共演などがされるかもしれませんね。熱い男・松岡修造さん今後の活躍にも期待して応援していきたいと思います。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました