宮川大輔の子供の小学校と名前?嫁はマーコで外国人?メガネのブランド?

Pocket

 

今回はすべらない話でブレイクした宮川大輔さんを見ていきましょう

 

スポンサードリンク

 

本名 宮川 大輔
ニックネーム 大輔、お祭り男
生年月日 1972年9月16日(46歳)
出身地 京都府京都市
血液型 B型
身長 172cm

高校3年生の時に、父親の同級生である桑原征平(当時:関西テレビアナウンサー)の紹介で、同期生から2か月遅れながらNSC大阪校(吉本興業直営のタレント養成所)に入学。

当時は役者志望で、「そういうコースもある」と聞いての入学だったが、いざ入学すると生徒は全員芸人志望だったため結局お笑いをやる事になった。1991年3月に同期の星田英利とチュパチャップスを結成。1999年に解散し、活動の主体を舞台に移す。

 

 

子供の小学校と名前?

 

宮川さんは後述する奥様と1997年に結婚されます。そして結婚から13年2010年にお子様を授かります。名前は「健太」(けんた)君とおっしゃいます。

 

 

そんな健太君ですが、2018年現在で8歳なので、小学校に通われています。どこの小学校に通われているのでしょうか?調べてみましたが、宮川さんが公言されていない為はっきりとしたことはわかりませんでした。

 

ただ、噂されている学校はあり、「和光学園」ではないか?といわれています。宮川さん以外にも、芸能人の子供さんが通われている学校のようです。

 

嫁はマーコで外国人?

 

先ほども少し触れましたように、宮川さんは1997年に結婚されています。当時、宮川さんはまだまだ売れない芸人でした。ですので、結婚してすぐには挙式を挙げることはできなかったようです。ですが、2010年にハワイで挙式を挙げられます。

 

そんな売れない時期から宮川さんを支えたのが奥様の宮川真木子(みやがわまきこ)さんです。マーコと呼ばれているようです。すべらない話にも時々登場しますね。マーコさんはアジア系の外人なのではないか?と噂されています。写真がいくつが公開されているので見てみましょう

スポンサードリンク

 

 

どうでしょうか?確かに、日本人離れしたお顔立ちをされているように見えます。お二人の馴れ初めですが、マーコさんは宮川さんと出会う前はクラブで働かれており、そのクラブにお客さんとして来店されたことがきっかけです。

 

ある時、東京から大阪に帰る新幹線の中でたまたま会って「大阪着いたら、買い物付き合ってくれへん?」って誘ったんです。その日から、なんとなくよく一緒にいるようになったのがきっかけですね

 

これは、宮川さん本人が話されていたことです。他にも、「良く結婚してくれたと思う」「今があるのは嫁のおかげ」と奥様にはかなり感謝されているようです。いい話ですね!

 

メガネのブランドとなし?

 

宮川大輔さんのトレードマークといえば、黒縁の眼鏡ですね。愛用されている眼鏡ですが、数種類のブランドの眼鏡を利用されています。EFFECTORやFACTORY、Hollyといったブランドの眼鏡を愛用されているようです。

 

宮川さんの眼鏡ですが、レンズなし?伊達メガネなのでは?という話があります。確かに写真をいくつか見ているとレンズ無しなものもあるようですが

 

 

レンズありのものもありました。

 

 

宮川さん自身は「キャラ付け」という理由で着用されているようですが普通に目も悪いようです。どちらにせよ、似合っているので素晴らしいと思います。

 

まとめ

 

てなわけで、今回は、宮川大輔さんを見ていきました。現在、人気の芸人さんとしていろいろなテレビ番組やCMでも見かけることも増えてきました。もともと役者志望だったという事もあり、演技もお上手です。

 

本業のお笑いのほうもすべらない話等で笑わせてくれます。その中で出てくる家族のこともわかりましたので、より楽しめるのではないかと思います。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)