羽生善治の子供は3人で慶應医学部?娘は東京医科歯科大学?嫁は畠田理恵?

Pocket

 

今回は将棋界のレジェンド・羽生善治さんについて調べます!

 

スポンサードリンク

将棋を知らない方であっても、羽生善治さんの名前をご存知の方は多いのではないでしょうか?

 

 

タイトル獲得合計歴代1位の羽生善治さんは1985年、中学生の頃にプロ棋士となり当時は天才棋士と話題を呼びました。

 

長年日本中から注目を浴び続けた羽生善治棋士も、私生活においては可愛らしい奥様と、お子さんがいらっしゃいます。今回はそんな天才棋士・羽生善治さんについて調べていきます。

 

【子供は3人で慶応医学部?】

 

奥様に関しては後ほどお話するとして、まずは羽生善治さんのお子さんについて調べます。一部報道では羽生善治さんにはお子さんが3人いるという情報があります、しかし実際のお子さんは2人。

 

お2人とも女の子で1997年7月に生まれたのは長女の羽生舞花さん、そして1999年11月に生まれたのは次女の羽生桃花さんです。2019年2月現在、舞花さんは22歳、桃花さんは20歳になられます。

 

じつは奥様が娘さんたちのお受験にかなり力を注がれたようで、お2人とも『超』のつく名門校に進学されています。

 

まずは中学校・高校ですが、一貫校の『田園調布双葉中学校・高等学校』に通われていたようです。その偏差値は73と言われています。

 

卒業生の主な進学先には東大・京大・慶應上智など、さらには海外の大学へ進学するケースもあるようです。芸能界でいうとタレントの高橋真麻さんやいとうあさこさんも通っていた学校で、生粋のお嬢様学校でもあるようです。

高橋真麻さんもいとうあさこさんも言わずと知れたお金持ちのご家庭にお育ちです、そんな学校に羽生善治さんのお嬢さんも通っておられました。こちらは子供の頃のお嬢さんたちです。

 

 

高校卒業後ももちろん大学へと進学されていると考えられます、しかし詳しい進学先の学校名は明かされていません。

スポンサードリンク

 

一部報道では『慶応大学医学部』に進学したとされていますが確証となるその後の情報はありませんでした、また進学先として報道されている情報は他にもありましたので早速見ていきましょう。

【娘は東京医科歯科大学?】

 

慶応大学医学部だったとしてもかなり凄い進学先にはなるのですが、娘さんたちの進学先の情報には他にも『東京医科歯科大学』が挙げられていました。

 

文部科学省が実施しているスーパーグローバル大学事業のトップ型指定校で偏差値は55~60とこちらもかなり高めです。

 

慶応大学医学部にしても東京医科歯科大学にしても、いずれにせよレベルの高い学校へ行かれていると考えられます。ちなみに父である羽生善治さんと同じく棋士になるといったことは今の所なさそうです。

 

【嫁は畠田理恵?】

 

さて、羽生善治さんの娘さんたちに関して調べてきたところで、ここからは奥様について見ていきます。羽生善治さんは元女優の畠田理恵さんと1995年7月に婚約を発表、その後1996年3月に挙式をしています。

 

 

畠田理恵さんの雑誌の対談コーナー最終回のゲストとして羽生善治が呼ばれたことがきっかけで知り合うことになります。驚くことにその対談から10ヶ月後に2人は婚約をしています。

 

結婚後、畠田理恵さんは潔く芸能界を引退し、勝負師の妻として夫を支える人生を選ばれました。

 

【まとめ】

 

 

今回は今空前の大ブームとなっている将棋界のレジェンドであり、将棋人気の火付け役となった羽生善治さんについて調べてきました。1995年に婚約を電撃的に発表した元女優・畠田理恵さんとの間にはお子さんがお2人います。

 

どちらもお嬢さんで、中高は一貫校の超名門校を卒業していること、進学先の大学名は明かされてないものの名前が上がっている学校は高いレベルの学校であることも分かりました。これからも将棋界のレジェンドとしてさらなる活躍を期待したい羽生善治さんを応援していきたいと思います。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)