市川染五郎の子供(息子)の学校は?イケメン画像と名前?母のインスタ?

歌舞伎役者
Pocket

 

今回は歌舞伎俳優として活躍されている市川染五郎さん(10代目松本幸四郎)調べていきたいと思います。歌舞伎一家であることで有名な市川さんですがそのお子さまやお母さまについてお話ししていきたいと思います。

 

市川染五郎の子供(息子)の学校はどこ?

 

市川染五郎さんには息子さんがいらっしゃいます。先日襲名されて8代目市川染五郎となりましたが今回は7代目市川染五郎さんを市川さんと呼ばせて頂きます。

 

画像出典元:stylewithstory.com

 

息子さんは2005年3月27日生まれの現在(2021年8月)16歳です。2007年6月1日、当時2歳の頃に初お目見えされました。その後2009年6月、当時4歳の頃に『門出祝寿連獅子』という演目で4代目松本金太郎として歌舞伎の舞台に立ちました。

 

現在高校生の息子さんはどこの学校に通っていたのかというと、小学校・中学校と共に『青山学院初等部・中等部』に通われていました。この学校は多くの芸能関係のお子さんが通われている学校でもあり、香川照之さんの息子である市川團子くんも通っていたそうです。一学年差のようなので学校でも仲良くされていたようですよ!

 

市川染五郎の子供(息子)のイケメン画像?

 

市川染五郎さんの息子で現在8代目市川染五郎である彼がとてもイケメンだと話題になっています。あず小さい時の画像がこちらです。

 

画像出典元:芸能人の息子まとめ

 

祖父である前松本幸四郎さんとテレビに出演された時の画像です。小さい時からとてもかわいらしいお顔をされていますよね!この頃からとてもかわいいと話題でファンも多かったようです。そして現在の画像がこちらです!

 

画像出典元:antenna*[アンテナ]

 

画像出典元:moneytalk.tokyo

 

こちらが現在16歳の息子さんの画像です。とっても美しいくカッコいい顔をされていますよね。マスコミは歌舞伎界の新プリンスが美しすぎると大きく話題にしていました。以前息子さんが雑誌のインタビューを受けた際その記者が、「13歳とは思えない大人っぽさと色気で愕いた。話すとまだ子供らしいあどけなさがあってそのギャップがいい」とコメントしていました。たしかに10代には見えない大人っぽさと色気が画面越し伝わってきますよね!

 

「同世代の人に歌舞伎をごらんいただく入口をつくりたいです。そのためにも新作をつくりたいと思っていて。何本か脚本を書いているんですけど、仕掛けを考えても猿之助のお兄さんや猿翁のおじさまがすでにスーパー歌舞伎でやっていらっしゃるものばかりで悔しい。」

「誰かになりたいと思ったことはありません。誰かに似てるって言われるのもイヤなんです。だって自分はひとりだけだから」

引用元: DAILY MORE (hpplus.jp)

 

8代目市川染五郎となりその重圧に緊張していた息子さんですが、父である7代目市川染五郎さんに「名前が変わったからといって急に芝居がうまくなるわけではないから、そう気を重くするな」と励まされ気持ちが少し落ち着いたようです。たしかに、偉大なお父さんの名前を引き継ぐとなると緊張しますよね。とても美しい顔をされているので、歌舞伎のみならずモデルや俳優としても活躍してほしいですね!

 

余談ですが、息子さんの特技は絵を描くことだそうで、その絵は雑誌『婦人画報』『松本金太郎のしばい絵日記』で連載を持っていたり、銀座和光さんの『高麗屋三代襲名記念展』という展示会で展示されたりとかなり評判がいいようです。芝居の世界だけではなく、絵でも才能を開花させているなんて本当に素晴らしいですね!

 

市川染五郎の子供(息子)の名前は?

 

市川染五郎さんの息子さんの名前は、芸名でいうと元『四代目松本金太郎』で現在は『八代目市川染五郎』です。本名はというと、『藤間斎(ふじま いつき)』くんといいます。お父様の本名が『藤間照薫(ふじま てるま)』で、お母さまの名前が『藤間園子(ふじま そのこ)』なのでそこからきているのが分かりますね!ここで、歌舞伎の名門高麗屋(屋号)の家系をご紹介したいと思います。

 

画像出典元: チケットぴあ[演劇 歌舞伎・古典芸能] (pia.jp)

 

父は七代目市川染五郎で現在は十代目松本幸四郎である方です。1973年1月8日生まれの現在(2021年)48歳で言わずと知れた歌舞伎役者ですが、舞台やドラマ、映画にも出演され俳優としての活動もしてらっしゃいます。素晴らしい演技の幅がある染五郎さんは、二枚目の役から女形まで演じ分け沢山の新作歌舞伎にも挑戦しています。妹には松たか子さんがいらっしゃいます。

 

画像出典元:徹子の部屋|テレビ朝日

 

市川染五郎さんの二人目のお子さんにあたる子が、松田美瑠ちゃんです。本名は『藤間薫子(ふじまかおるこ)』といい、2007年生まれの現在(2021年8月)14歳の女の子です。彼女も2012年に初舞台を踏み舞踊の道に足を踏み入れました。

 

画像出典元:fujingaho.jp

 

母である藤間園子さんは、旧姓『関園子』さんで年齢は市川染五郎さんと同い年の48歳です。市川染五郎さんとは高校時代からの知り合いで、お付き合いが始まったのは2002年の頃からだと言います。交際はそのまま順調に進み、2003年11月にご結婚されたようです。

 

そんな園子さんですがご実家は高級車を扱うディーラーやレストラン、不動産会社を経営している資産家だったようです。そうでもなきゃ、この歌舞伎界の名門である高麗屋に嫁ぐことはなかなか難しいですよね!

 

市川染五郎の母のインスタが話題に?

 

市川染五郎さんのご家族についてご紹介してきましたが、母である藤間園子さんのインスタグラムが話題になっています。現在フォロワー7万人もいらっしゃいます。その写真がとてもセンスがいいようです。ここで、藤間園子さんのインスタグラムから独断で気に入ったものを抜粋してみました。

 

画像出典元:Sonoko Fujima(@sonoko_kouraiya)

 

画像出典元:Sonoko Fujima(@sonoko_kouraiya)

 

画像出典元:Sonoko Fujima(@sonoko_kouraiya)

 

画像出典元:/Sonoko Fujima(@sonoko_kouraiya)

 

息子さんのお仕事の写真や市川染五郎さんのお仕事の写真などが多いですが、たまにご家族のプライベートの写真や高麗屋のご家族が揃った家族写真などもあげられていて、なかなか見れるものではないのでファンから人気が高まっています。市川染五郎さんがお子さんたちと手を繋いで歩いている写真や、息子さんと娘さんそして松たか子さんが一緒にうつっている写真はとても反響が多きかったようです。

 

歌舞伎の世界に梨園の妻として入った園子さんですが、SNSでご家族の情報を発信することで彼らの人気を後押しし、支えているのかもしれませんね!

 

市川染五郎さんのまとめ

 

というわけで、今回は歌舞伎役者で俳優としても活躍されている七代目市川染五郎(十代目松本幸四郎)さんについて調べていきました。息子さんが若いながらとても活躍されていることや、奥様のことなど知らないことが多かったですね!奥様のインスタグラムでこれからもご家族のことが知れたらうれしいですね!ご家族みな有名な方々ですが、それぞれ今後の活躍を期待したいとおもいます!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました