岩崎宏美の子供(息子)の現在と大学と益田元気で画像?旦那は今拓哉?

Pocket

 

今回は大物歌手である

岩崎宏美さんについて

スポンサードリンク

調べていきたいと思います。

 

1970年代、超人気アイドル歌手として大人気だった歌手といえば岩崎宏美さんです。若い方にはものまねタレントの『コロッケ』さんのものまねレパートリーの1人になっているのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

大ヒット曲も数多く出している岩崎宏美さんはどんな生活をされているのでしょうか、今回は歌手・岩崎宏美さんの私生活に迫って調べていきたいと思います。

 

【子供(息子)は益田元気で画像は?現在は?】

 

岩崎宏美さんは1988年に結婚し、その後1989年に長男を、1992年には次男を出産されました。お子さんは2人も男の子なんですね、2018年現在お子さんは3長男さんが30歳、次男さんが26歳ともう成人されています。

 

気になるお名前ですが調べていくと長男は『益田元気』さん、次男は『益田勇気』さんといいます。順調にお子さんにも恵まれた岩崎宏美さんでしたが旦那様とは残念ながら離婚、親権は元旦那さまの方にあり、お子さんたちがまだ幼かったのですが離れて暮らすようになります。

 

過去に出演されたトーク番組で岩崎宏美さんは長男の増田元気さんの近況について写真とともにエピソードを語っていました、どうやら長男の増田元気さんは現在NYに暮らしておられるようです。

 

 

とても仲の良い親子関係であることが分かりますね。そういえばユーチューブに益田元気という名前でラップを歌う男性がいることで話題になりました、ただの同姓同名さんなのでしょうか?お顔のお写真で確認してみましょう。

 

 

岩崎宏美さんと一緒に写ったお写真と見比べても同一人物であるということは分かります。しかし益田元気さん自身が歌手であるというわけではなく、ラップを歌うのが初めてという一般の方ということで出演しているだけのようです。短い動画ではありますがさすが岩崎宏美さんのお子さん、やはり歌唱力はあります。

 

【大学は?】

 

さて、そんなお子さんたちお2人の気になる学歴について調べていきたいと思います。海外への留学をされているのではないかという噂がネット上では挙がっていました、確かに海外留学をされていてもおかしなことはありませんよね。

スポンサードリンク

 

しかし一方で益田家では代々、慶應義塾大学へ通うという歴史があるということからお子さんたちは慶應義塾大学へ進学したのではないかと言われていました。どちらも有り得そうなことではありますがこれも岩崎宏美さんのSNSから真相がわかります。

 

『本日次男は新潟の学校の入学式を行っているはず』と書かれていました。

 

この書き込みにより次男の益田勇気さんは新潟の学校に進学したことが分かりますね。さらに書き込みがされたのが2014年で勇気さんの年齢を考えると2011年には大学に進学している年齢ですから、もしかしたら海外留学技に帰国して新潟の大学に進学されたのかもしれませんね。

 

ちなみに長男の益田元気さんに関しての大学の名前などは正式には公開されていませんでした。

 

【旦那は今拓哉?】

 

さて、岩崎宏美さんは残念ながら性格の不一致が理由で元旦那さまとは離婚され、お子さんの親権も元旦那様に渡ってしまい、心身ともに弱ってしまった時期があったようなのですが、じつは現在は再婚をされています。ここからはそんな再婚相手について調べていきましょう。

 

岩崎宏美さんは2009年4月、ミュージカル俳優をされている今拓哉さんと7年半の同棲生活の末にめでたくゴールインされました、今拓哉さんは岩崎宏美さんよりの10歳年下で1998年の舞台『レ・ミゼラブル』での共演がきっかけで知り合いました。

 

公演期間中にはお互いのことは全く知らなかったものの、その後様々なタイミングで再会をすることが重なり、さらには誕生日が一緒であったりとまさに運命のような一致が2人を引き合わせ交際に発展したのだそうです。

 

 

そしてお2人は岩崎宏美さん50歳、今拓哉さん40歳という年齢の節目に結婚する事になったというわけです、とても素敵なエピソードですね。

 

【まとめ】

 

 

今回は1970年代のアイドル歌手として大人気となり、現在でも活躍を続ける歌手・岩崎宏美さんについて調べてきました。最初の結婚では2人のお子さんにも恵まれましたが残念ながら旦那さまとは離婚、お子さんの親権も旦那様の手に渡り、辛い日々を過ごしてこられましたが現在はお子さんたちとの関係も良好のようです。

 

さらに2009年にはご自身もミュージカル俳優の今拓哉さんと再婚を果たしています、きっとこれからも歌手として多くの人の心に残る歌を歌い続けていかれることでしょう。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)