杉本彩に子供がいない理由?旦那の病院と現在は?動物愛護と小梅?

女性芸能人
スポンサーリンク
Pocket

 

女優でタレントの杉本彩さんについて調べていきましょう。

 

 

京都生まれのまさに「京美人」で、その妖艶なお姿はいつまでも変わることなく、年齢を重ねてもお綺麗な杉本彩さん。

 

 

独特なしゃべり口調と京都愛に溢れたトークはバラエティ番組でも大人気の杉本彩さん、その私生活はどんな生活を送られているのでしょうか?今回は妖艶できれいな女優・杉本彩さんのプライベートに迫って調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【子供がいない理由?】

 

じつは杉本彩さんには離婚歴があります、最初の結婚は1992年でお相手は音楽プロデューサーの男性、しかし2003年7月に離婚が発表されました、この最初の旦那さまとの間にお子さんはいません。そして2011年4月17日に、現在の旦那さまと結婚、とても夫婦仲は良く一緒にバラエティ番組で共演する姿もよく見かけます。しかし2019年12月現在お2人の間にもお子さんは生まれていません、つまり杉本彩さんにはお子さんは1人もいらっしゃいません。

 

再婚当時の杉本彩さんの年齢も42歳くらいだったこともあり、会見でも子供を生むかどうかは断言できませんと言っておられました。またこれは結果論ではありますが有名な占い師さんにも杉本彩さんは「子供は生まれない」と言われていました、当たってしまったようですね。

 

とはいえ子供がいないから幸せではないというわけでは決してありません。実際杉本彩さんご夫婦はとても仲良しでいつまでも恋人同士のような関係でいられる幸せを感じておられることでしょう。

 

【旦那の病院と現在は?】

 

さて、杉本彩さんにお子さんがいないということが分かったところで、ここからは杉本彩さんの旦那様について調べていきます。

 

 

杉本彩さんが2011年に再婚されたのは映像制作会社のアシスタントプロデューサーをしていた西野禎秀さんという男性、現在は杉本彩さんが代表を務める会社「オフィス彩」の副社長として公私ともに杉本彩さんをサポートされておられます。

 

気になるお2人の馴れ初めですが、じつは「略奪婚」だったことが判明しています。出会いは杉本彩さんがまだ最初の旦那様と婚姻関係にある時、撮影現場で2人は出会いました。もともと西野禎秀さんが杉本彩さんの大ファンだったということもあり、自分を懸命にアプローチしたそうです。

 

一方の杉本彩さんの方はそのお仕事よりもだいぶ前から当時の旦那様との関係は冷めきっており、旦那さんという存在があったものの自分を懸命に好きだと言ってくれる西野禎秀さんに心が動き、不倫関係になってしまいました。その後離婚を決意され、西野禎秀さんを選び再婚したのです。

 

 

そんな旦那様に関してもう1つエピソードがあります、2人がまだ不倫関係だったある日、西野禎秀さんは突然半身麻痺になってしまい脳梗塞を患ってしまったのです。その前には心臓弁膜症という病も患っていたのでそれももしかしたら要因かもしれませんね、手術と2ヶ月間のリハビリと入院で現在は回復されているのです。

 

当時まだ前の旦那様と離婚はされていなかった杉本彩さんは、西野禎秀さんへの懸命な看病などで一緒に過ごす時間の中、どんどん親密なものに変化したそうです、そんな過去があったため現在でも良好な関係性で夫婦として過ごしておられるのかもしれませんね。

 

【動物愛護と小梅?】

 

さて、杉本彩さんといえば大の動物好きとしても有名で、

 

2014年に一般財団法人「動物環境・福祉協会(Evaエヴァ)」を設立し、翌年には公益財団法人として認定されるようになり理事長を努め動物愛護の活動に励まれています。

 

そういえば過去に保護施設から引き取った愛犬・小梅ちゃんと一緒にテレビ出演されていましたね。

 

 

この小梅ちゃんは引き取られるまでの間、とても壮絶な生き方を強いられていたワンちゃんだったようで、この小梅ちゃんとの出会いが杉本彩さんの心を強く動かしその後愛護活動への熱意となったのでしょうね。

 

【まとめ】

 

 

今回はいつまでもそのお姿は妖艶で美しく、多くの女性のあこがれとなっている女優でタレントの杉本彩さんについて調べてきました。

 

1度の離婚歴がありそのときもそして現在の旦那さまとの間にも残念ながらお子さんはいませんが、夫婦仲はとても良く、さらに大の動物好きな杉本彩さんは動物愛護に関する公益財団法人も立ち上げています。公私ともに幸せいっぱいな杉本彩さん、これからも愛情あふれる女優さんとして活躍されていかれることでしょう。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました