倉田真由美の子供(息子)の大学は?名前や画像は?夫のブログが話題?

女性芸能人
Pocket

 

今回の記事では、漫画家・倉田真由美さんについてです。近年ではコメンテーターとして活躍している倉田真由美さんは実は連れ子再婚をしていたのです!そこで倉田真由美さんの子供(息子)はどこの大学に通っているのでしょうか?名前や画像は公開されているのでしょうか?倉田真由美さんの夫のブログとは?倉田真由美さんが韓国籍という噂の真相についても迫ってみました!

 

倉田真由美の子供(息子)の大学は?

 

倉田真由美さんには現在、子供が2人います。1999年に誕生した22歳の息子と、2009年1月に誕生した11歳になる女の子がいます。倉田真由美さんの子供(息子)は、唯一公開されている情報では、東京都内の有名私立に通っているとのこと。ネット上では早稲田大学に通っているという噂が浮上していますが、真偽のほどは不明です。

 

 

倉田真由美さん自身も名門である一橋大学を卒業しているため、子供(息子)が早稲田大学に進学していても不思議ではないでしょう。なお、倉田真由美さんが離婚した後、一時期は倉田真由美さんの実家がある福岡県に預けられていました。しかし、現在は東京都内のマンションで家族4人で暮らしているようですね。ちなみに、倉田真由美さんのもう一人の子供(娘)は、現在小学生。成城学園に通っているとの噂です。

 

 

成城学園は、創立100年以上を誇る伝統のある学校で芸能人の子供が多く通っているため可能性は高いでしょうね。成城学園は、初等部から大学までの一貫校で全て同一敷地内にあります。また、セキュリティ面もかなり強化されていてなかなか子供の情報が外部に漏れることがないことも有名。芸能人の子供と言うだけでいじめの対象になったり、犯罪に巻き込まれる可能性が増えるため成城学園が好まれるのですね。

 

倉田真由美の子供(息子)の名前は?

 

倉田真由美さんの子供(息子)の名前は非公開です。娘に関しては、倉田真由美さんの夫が公式ブログで連載している子育てコラム内では「09年11月に生まれた“愛の結晶”ことココちゃん」と説明されていますが、本名かどうかはわかりませんでした。

 

倉田真由美さんには子供が2人いますが、実は、息子は前夫の間の子供で、娘とは異父兄弟となります。倉田真由美さんは再婚にあたり福岡県の実家に預けていた息子を呼び戻して家族4人で暮らしていることからも家族仲は悪くないでしょう!

 

倉田真由美の子供(息子)の画像は?

 

ここできになるのが息子さんのお写真や画像ですが、残念ながら、倉田真由美さんの子供(息子)の画像は公開されていませんでした。近年では倉田真由美さんはコメンテーターとしてはっきりとした物言いが多いため子供の情報を公開しないのは納得できますよね。どこで子供に影響が及ぶかわからないですからね〜。

 

倉田真由美の夫のブログ?

 

先ほど少し触れたように、倉田真由美さんの夫はブログをしており、”叶井俊太郎「子育てブログ」”と題した子育てコラムを連載しています。学校行事やママ友、パパ友と積極的に関わり前のめりで育児に関わっていく姿が好評なようですね!

 

育児に関わっている男性はいつの時代も魅力的に映りますからね〜。そんな倉田真由美さんの夫は、映画配給会社「トルネード・フィルム」取締役、映画宣伝プロデューサーをしている叶井俊太郎さん。

 

 

2009年9月に結婚されていて、なんと当時倉田真由美さんは再婚、叶井俊太郎さんは4回目の結婚!倉田真由美さんの夫がよく検索される理由として倉田真由美さんの代表作でもある漫画『だめんず・うぉ〜か〜』のような「だめんず」だと話題になったことがあったためです。しかし、実際にはきちんと仕事をして育児にも関わっているようなのでだめんずとは程遠いですよね。

 

 

この2人はどのようにして出会ったのかも気になるところですよね!2003年に共通の友人である小説家・中村うさぎさんからの紹介で知り合ったようです!初めて出会ったのは映画関係のパーティーでしたが、その5年後に再会した際に意気投合し交際がスタートしました。

 

結婚後の2010年には、倉田真由美さんの夫・叶井俊太郎さんが社長を務める会社が3億円の負債を抱えて倒産したことでしばらく働いていない状態が続き、その間倉田真由美さんが金銭的なフォローをしていたこともあったようです。このような期間を経ても結婚生活を続けている面から見ても、支え合い夫婦仲は良いのではないでしょうか!

 

倉田真由美は韓国籍なの?

 

福岡県出身である倉田真由美さんには韓国籍なのではとの噂が浮上しています。結論から言うと、倉田真由美さんは日本国籍です。この噂が浮上したのは、2019年9月2日に発売された総合週刊誌『週刊ポスト』が特集した「韓国なんて要らない」という特集について、倉田真由美さんを含む多くの作家から批判の声が続出したことでした。

 

 

2019年9月3日に倉田真由美さんは出演したワイドショー・情報バラエティ番組『ビビット』でもこの件に触れ、韓国に対して差別を助長する記事だとコメントしていました。このことから、韓国擁護のコメントとして捉えた一部の方から倉田真由美さんは韓国に対して思い入れがあるのでは?韓国籍なのでは?との噂が浮上していたようです。

 

倉田真由美さん含め発売元である小学館に関わりのある作家たちからの批判の声を受け、小学館は正式に謝罪文を公表することに。多くの方が目にする記事だからこそ、行き過ぎた批判は反感を買うのは仕方ありませんよね。

 

倉田真由美はどんな人?

 

そもそも、倉田真由美さんはどのような方なのでしょうか?

 

倉田 真由美(くらた まゆみ)さん

本名:叶井 真由美

愛称:くらたま

生年月日:1971年7月23日(49歳)

血液型:O型

出身地:福岡県福岡市

職業:漫画家、コメンテーター

引用元:Wikipedia

 

倉田真由美さんは、元々高校時代から漫画家に憧れていました。中学時代は進学塾に通い、成績優秀ではあったものの、赤縁メガネのガリ勉で男の子に全然モテなかったそうです。大学時代はサッカー部のマネージャーを務め、サッカー部のキャプテンに初恋したものの何度も告白して何度もフラれた過去があるようです。また、大学時代は居酒屋や家庭教師のアルバイトもしていたそう!

 

漫画家になったきっかけは、就職活動に失敗してその内容を漫画にして漫画雑誌『週刊ヤングマガジン』のギャグ大賞でに応募したところ、見事に大賞を受賞。念願叶い、漫画家デビューしました!デビュー後は、中々ヒットは生まれず、アルバイトと漫画家を掛け持ちする生活でした。しかし、2000年に総合週刊誌『SPA!』で連載されるようになった『だめんず・うぉ〜か〜』が大ブレイク!現在は、漫画家としてだけでなく、様々な番組に出演し、コメンテーターとしても活躍しています。

 

すでに大学生になる子供がいる倉田真由美さん。大学生だとすでにどのような職業になりたいのか明確かもしれませんね。もしかすると両親のように芸能関係の仕事を目指している可能性もあるでしょう!ママとしても夫を支える妻として、さらに漫画家やコメンテーターと多才な活動を続ける倉田真由美さんから目が離せませんね!

 

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました