羽野晶紀の子供(娘)の学校(高校と大学)はどこ?和泉元彌と年齢差?

女性芸能人
スポンサーリンク
Pocket

 

羽野晶紀さんは、1968年8月22日生まれの2021年今現在52歳、京都府宇治市のご出身です。最近はバラエティ番組などに出演していることが多いため、タレントというイメージが強いですが、元々は女優さんとして活躍していて、今現在も女優のお仕事を継続しています。

 

代表作は映画「モスラ」やドラマ「科捜研の女 第2シリーズ」(テレビ朝日、2000年)、最近では「警視庁・捜査一課長2020 」(2020年、テレビ朝日)などにも出演しています。プライベートでは、2002年に狂言師として活躍している和泉元彌さんと結婚しました。

 

そこで今回は、羽野晶紀さんの子供(娘)の学校(高校と大学)はどこなのか?和泉元彌さんとの年齢差と馴れ初めについて、調べて行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

羽野晶紀の子供(娘と息子)の学校(高校と大学)はどこ?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

羽野 晶紀(@hano_aki)がシェアした投稿

 

羽野晶紀さんは、2002年1月に和泉元彌さんと結婚し、同年5月に第一子として采明(あやめ)さんが生まれています。どうやら授かり婚だったようです。その後、2004年7月には第二子、元聖(もときよ)くんが誕生しています。現在は一男一女の母親として、子育てとお仕事の両立を頑張っているようです。

 

羽野晶紀さんの2人のお子さんたちはどこの学校に通っているのか気になりますよね。父親が和泉元彌さんということで、由緒ある家柄なので、有名な学校に通わせているのでは?と思われます。

 

ちなみに、2人のお子さんの父親である和泉元彌さんご自身は、幼稚園の頃から青山学院幼稚園に通い、エスカレーター式で青山学院大学まで、進学しているそうです。

 

このことから、羽野晶紀さんのお子さんも青山学院の可能性もあるのではないかと思いましたが、調べてみたところ、2人のお子さんは幼稚園は有名私立幼稚園ではなく、公立の幼稚園に通っていたということでした。芸能人のお子さんは有名な学校に通われているイメージがありましたが、最近は有名な芸能人のお子さんでも、あえて公立の学校に通わせる方も多いそうです。

 

次に2人のお子さんが通っていた小学校について調べてみました。どうやら2人のお子さんは「関口台町小学校」という小学校に通っていたようです。それだけでなく、なんと和泉元彌さんが2人のお子さんの小学校でPTA会長になった経験もあるそうです。

 

芸能活動で忙しい日々を過ごしているはずなのに、お子さんのことを考えてPTA会長を引き受け、他にも伝統芸能クラブで伝統芸能の素晴らしさを子どもたちに伝えるための活動も行なっていたということでした。ちなみに関口台町小学校は有名私立中学校の進学率が高く、とても評判が良い小学校だそうです。その後2人は中学校に進学していますが、どこの中学校に通っていたのか調べてみました。

 

羽野晶紀さんの長女の采明さんは中学校受験を行い、合格しています。どの中学校に進学したのか公表はされていませんが、成城学園に通っていたのではないかという噂があります。成城学園は有名人のお子さんが通う学校として知られていて、偏差値64という学力の高い進学校で、中高一貫校となっています。

 

成城学園は有名人のお子さんが多く通っている学校ということで、セキュリティ面もとてもしっかりとしているので、安心して通うことができることで有名です。その分、学費も高額となっており、1年間の学費は126万円かかるそうです。経済的に余裕のある裕福な家庭のお子さんが多い学校となっています。

 

羽野晶紀さんの長男の元聖さんは、都立白鴎高校附属中学校に通っていたという噂が出ているようです。このような噂が出たことには理由があります。

 

まず、和泉元彌さんが長男の元聖さんの体育祭の写真をインスタグラムで公開し、この写真に映ってる長男が着ている体操服が都立白鴎高校附属中学校と同じものだったということ、そしてその写真が公開された日が都立白鴎高校附属中学校の体育祭の日と同じ日だったことから、都立白鴎高校附属中学校に通っている可能性が高いと思われます。

 

都立白鴎高等学校附属中学校は偏差値61という学力の高い進学校で、創立100年以上という都立では初の中高一貫校となっています。2人のお子さんの中学校についてはどちらも噂にはなりますが、小学校までは公立の学校で、中学校からはお受験を行い、私立の学校に通っていた可能性が高いです。

 

成城学園も都立白鴎高等学校附属中学校も中高一貫校のため、羽野晶紀さんの2人のお子さんもエスカレーター式で進学する可能性が高いと思われます。羽野晶紀さんの長女は2021年で19歳ということになるので高校は卒業し、進学したと思われます。どこの大学に通っているのか調べてみましたが、今のところ情報はありませんでした。

 

羽野晶紀の子供(娘と息子)の舞台?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

羽野 晶紀(@hano_aki)がシェアした投稿

 

羽野晶紀さんの長女の采明さんは、和泉元彌さんの姉である淳子さんの長女で、采明さんと同じく2002年に生まれた和泉慶子さんと一緒に、2006年2月26日に「国立能楽堂」で初舞台を踏んでいます。羽野晶紀さんの長男の元聖さんも、2008年に初舞台を踏んでいるそうです。

 

このような伝統芸能は男性が主役のもので、女性が活躍しているイメージはあまりありませんが、史上初の女性狂言師は和泉淳子さんだそうです!まだ男性と比べると女性の数は少ないのですが、これから女性の狂言師ももっと増えてくるかもしれませんね。

 

羽野晶紀と和泉元彌の年齢差と馴れ初め?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

羽野 晶紀(@hano_aki)がシェアした投稿

 

当時からタレントや女優として活躍していた羽野晶紀さんと狂言師として活動している和泉元彌さんの馴れ初めについて調べてみました。気になる2人の馴れ初めですが、舞台「ロミオとジュリエット」で共演したことがきっかけだそうです。

 

こちらの舞台「ロミオとジュリエット」は国際的に評価されてる演出家のノノン・パディーリャが演出を行っています。この舞台では和泉元彌さんがロミオを演じていて、羽野晶紀さんがジュリエットを演じていました。

 

恋人役を演じた2人ですが、私生活でも2人の間には恋愛感情が芽生えたようで、こちらの共演をきっかけに交際を始めています。しかし、交際から結婚するまで全てが順調に進んだわけではないそうです。

 

二人の交際自体は順調に進んでいましたが、当時和泉元彌さんの母親である和泉節子さんが2人の交際を猛反対していたそうです。和泉流宗家に相応しい相手を望んでいたのかもしれませんが、2人が交際を始めた頃から「芸能人はだめ」と反対していました。

 

しかし、その後も和泉節子さんの反対にもめげる事なく2人は交際を続けました。そして交際中に羽野晶紀さんが子供を授かったことがきっかけとなり2人は結婚することとなりました。

 

もしかしたら和泉節子さんの反対を押し切るために計画的に妊娠という事実を作ったのかもしれません。結果的に妊娠したおかげで2002年1月に無事に結婚することができ、2002年5月には長女の誕生、2004年7月には長男が誕生し幸せな家庭を築いていることでしょう。

 

ちなみに、和泉元彌さんは1974年6月4日生まれの47歳、羽野晶紀さんは1968年8月22日生まれの52歳ということで、羽野晶紀さんの方が5つ年上の歳の差夫婦となりますが、年齢差も関係ないほどの仲良し夫婦のようです。

 

羽野晶紀さんのまとめ

 

今回は羽野晶紀さんについて調べてみました。2人は交際当初は和泉節子さんに反対されるなど、全てが順調に進んでいたわけではないようですが、授かり婚として無事に愛する人と結婚でき、2人のお子様にも恵まれ、本当によかったです!これからも家族みんなで幸せに暮らしてほしいですね!

 

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました