木梨憲武の子供(息子)の名前と学校はどこで画像は?安田成美と馴れ初め?

Pocket

 

今回は俳お笑いタレントの木梨憲武さんについて詳しくお伝え致します。

 

スポンサードリンク

 

相方の石橋貴明さんとのお笑いコンビ【とんねるず】で一時代を築いた大物芸能人ですよね。その活躍はお笑いのみならず、俳優や声優、アーティストから芸術家まで、本当に幅が広い人です。

 

 

生年月日:1962年3月9日
出身地:東京都世田谷区千歳台
血液型:O型
身長 :177cm
所属事務所:アライバル

 

子供の画像と名前はこれ!

 

木梨憲武さんは1994年に結婚されています。お相手は女優の安田成美さんですね。お二人の間には、子供が三人います。長男の幹太(かんた)君、二男の銀士(ぎんじ)君、長女の美晴(みはる)さんの二男一女です。

 

長男の幹太君と二男の銀士君の画像がありました。

 

 

↑木梨憲武さんと並んでピースサインを決めているのが、長男の幹太君です。

 

 

↑外国人の方と一緒に映っているのが、二男の銀士君です。

 

こうなると気になるのが長女の美晴さんの画像ですが・・・残念ながら発見できませんでした。幹太君と銀士くんの顔が出回っているのは、かつてテレビで共演したことがあるからみたいです。テレビ出演すると一気に世間に露出してしまうとは思いますが、顔出ししたのはBS放送の番組だったからでしょうか?

 

子供(息子)の学校はどこ?

 

三人の子供の学校はどこなのでしょうか?調べたところによると、三人とも【インターナショナルスクール系ブリティッシュスクールイン東京】に通っていたそうですね。因みにこの学校は、芸能人の子供が通うこと多くあり、木村拓哉さんの子供であるkokiさんも在籍していたそうです。

 

なお、【インターナショナルスクール系ブリティッシュスクールイン東京】はその名前の長さに負けず劣らず(?)学費がとても高いことでも有名です。一年間にかかる授業料は200万円との噂もあるそうです。これだけ学費が高額だったら、一流芸能人やトップアスリート、お医者さんといったお金持ちの子供しか通うことが出来ませんよねー。

スポンサードリンク

 

長男の幹太君は、高校は成城高校→卒業後は成城大学へと進学したみたいですよ。次男の銀士君と長女の晴美さんのその後についての情報は、調べてみたものの見つかりませんでした。

 

安田成美との馴れ初めは?

 

 

木梨憲武と奥さんの安田成美さん、二人の馴れ初めについて調べてみました。そもそも出会いのきっかけは映画で共演したこと。1986年に公開された【そろばんずく】でのことです。二人きりになる機会があったので、木梨憲武さんからアプローチ!安田成美さんを食事に誘ったそうです。木梨憲武さんはもともと安田成美さんのファンだったみたいですから、映画での共演が決まった時点でチャンスを伺っていたのかも!?しれませんねー。

 

1986年に二人の交際がスタートしました。当時は木梨憲武さんが24歳、安田成美さんが20歳のことです。そして結婚したのは交際開始から8年後の1994年のことでした。交際期間が随分長いように思えます。長い交際期間中もお互いに他のロマンスめいた噂はなかったみたいですから、一途に愛を育まれていたのですね。

 

絵画の評価は?

 

多方面で活躍中の木梨憲武さんですが、絵がとーーーってもお上手であることでも有名で個展を開いたりもしています。その実力は、もはや趣味とは言えないレベルです。木梨憲武さんは学生時代にサッカー部に所属していたので、絵を描いている時間はなかった筈ですが・・・。

 

実は絵を描き始めたきっかけは、バラエティ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」の中でおこなわれた企画だったみたいです。仕事がきっかけで始めた絵でしたが、次第に絵の魅力にのめり込んで行きました。

 

 

↑の絵画は、木梨憲武さんの作品です。

 

木梨憲武さんの創作活動は多岐にわたり、「銀行通帳の表紙デザイン」、「ゲームのキャラクターのデザイン」、「力士の化粧回しのデザイン」等々

 

本当に沢山ありますね!お笑いのみならず芸術家としての才能も見事に開花しましたね!

 

まとめ

 

お笑いタレントの木梨憲武さんについてお伝えしました。全盛期の頃と比べるとテレビの露出が減ってしまっていますが、色んな才能をお持ちの木梨憲武さんのことですから、何か別のことを始めたりもするのでしょうか?以前のように、相方の石橋貴明さんとテレビで大暴れする姿を見てみたいと思います!

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)