カンニング竹山の相方の子供(息子)は?給料とギャラと仕打ち?嫁の画像?

Pocket

 

今回はコメンテーターとしても人気の芸人・カンニング竹山さんを調べていきます!

 

スポンサードリンク

 

 

『キレ芸』で有名でありながら、報道番組では的確なコメント力のあるコメンテーターとしても活躍されているお笑い芸人・カンニング竹山さん。その芸の幅広さは多くのファンだけでなく芸人仲間からの信頼も厚い、そんな人ですよね。

 

しかし元々はコンビであったということは若い方たちななかなか知らないことなのではないでしょうか?今回はお笑い芸人・カンニング竹山さんの知られざる相方さんとの関係について調べていきます。

 

【相方の子供(息子)は?】

 

カンニング竹山さんの芸名にもなっている『カンニング』は元々は竹山さんが組んでいたコンビ名で、相方は中島忠幸さんでした。

 

 

小学校・中学校の同級生だった2人は1992年にお笑いコンビ『カンニング』を結成、しばらくは下積み時代を過ごしますが2001年ごろからはテレビへの露出が増え転機となったのは『エンタの神様』でした。

 

2004年には中島忠幸さんは結婚し9月には第一子となる息子さんが生まれています、お名前を『翔太』くんというそうです。

 

テレビへの出演回数が増え、知名度も上がり順調に芸能生活を送っていた矢先、ある病魔を竹山さんの相方に襲います、それが『急性リンパ性白血病』です。

 

2005年1月に治療中であることが公表されてからは竹山さんは一人で活動を開始し相方の復帰を願いました。エンタの神様ではそんな闘病生活を送っている中島忠幸さんへ番組中に竹山さんが突然電話をかけるなどエールを送っていました。

 

しかし残念ながら2006年12月20日、カンニング竹山さんの相方・中島忠幸さんは天国へと旅立ちました。中島忠幸さんの息子さんはまだ2歳になったばかりでした。

 

中島忠幸さんの遺されたご家族のその後の生活も気になりますよね、そこで調べていくと竹山さんとの関係性が見えてきました。

 

【給料とギャラ?】

 

一部報道では、カンニング竹山さんは相方の中島忠幸さんが亡くなった後、竹山さんが個人で活動している間は竹山さんのギャラ、つまりお給料を折半して遺された家族を支えているなんて言う報道がされました。

 

そんなコンビ愛に世間はからの高感度は上がりましたが真相はそのようなことはなく、全くのデマであることをカンニング竹山さん自身も出演した番組で度々明かしてきました。

スポンサードリンク

 

確かに気持ち的にはそうしたいところでしょうが、法律的には許されることではなく、実際にこの報道がされるとカンニング竹山さんは脱税の疑いが持たれてしまったそうです。

 

とはいえ中島忠幸さんのご家族との関係が全く無いというわけではないようです、2019年のお正月、レギュラーラジオ番組をお休みした竹山さんに代わって出演した木梨憲武さんがこのように明かしました。

 

『今、お正月休暇中の竹山はハワイ旅行中です、一緒に行っているのは相方の中島忠幸くんの息子くんとです。』

 

そうです、竹山さんは計画していたハワイ旅行に奥様がいけなくなった代わりに今は亡き相方の息子さんを旅行に連れて行ったのです。普段から関係性ができているからこそ海外旅行に連れて行くことができるのでしょうね。

 

【仕打ちと嫁の画像?】

 

カンニング竹山さんと今は亡き相方についてのエピソードは分かったところで、ここからはカンニング竹山さん自身について調べていきます。まず竹山さんについて調べていく中で『仕打ち』というワードが出てきました。

 

これは出演したAmebaTVで後輩の芸人・スパローズの大和さんと竹山さんが番組中に激しい口論になり、口論に引くに引けなくなった大和さんが放送中に退出するといったかなり大きな展開になったもの。

 

その原因というのが芸人として『オイシくなれば』『話のネタになれば』という思いで竹山さんが行ったプライベートな飲み会での大和さんへの行為が『仕打ち』だと大和さんが訴えたことによって『仕打ち』が上昇ワードになっていたようです。芸人さんの世界も若い世代との付き合い方は大変そうですね。

 

さて、最後にご紹介するのはカンニング竹山さんの奥様です、竹山さんは15年交際した一般人女性の淳子さんと2007年に結婚しています、バラエティ番組では『旦那が面白くなれば』という思いから何度か出演もされています。

 

年齢は竹山さんよりも2歳年上何だそうです、過去には水着モデルもされていたという淳子さんこれはさぞ美しい方なのだと思いお写真を探してみましたが残念ながら一般の方ということもあって画像などの公開はされていませんでした。

 

 

【まとめ】

 

 

今回は今や芸人としてだけではなく、ニュースなどに斬り込むコメンテーターとしても大活躍のカンニング竹山さんについて調べてきました。今は亡き相方の中島忠幸さんの思いを受け継ぎ、今でも『カンニング』の名義を使用している竹山さんのコンビ愛は多くのファンの支持を受けています。

 

お笑いに対する熱い想いはこれからも多くの人の心に笑いという形で届けられることでしょう。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)