北川悠仁の子供の名前は桜子で画像?母親は宗教の教祖?嫁は高島彩?

Pocket

 

今回はミュージシャン

ゆずの北川悠仁さんについて

スポンサードリンク

調べていきましょう!

 

名曲・「夏色」や「栄光の架橋」などのヒット曲を生み出し、歌手としての長きに渡って活躍をし続けている『ゆず』の北川悠仁さん。

 

クシャッと笑うその顔がとても可愛いと多くの女性ファンを獲得している北川悠仁さんですが、私生活においてはパパなんですね。今回はそんな大ヒット曲を生み出している『ゆず』のメンバーである北川悠仁さんについて調べて行きましょう!

 

【子供の名前は桜子で画像?】

 

北川悠仁さんの奥様について詳しくお話するのはまた後ほどということで、まずは可愛いお子さんについて見て行きたいと思います。

 

2014年2月17日に誕生した第一子は女の子、また2016年5月には第二子も女の子が誕生していてお子さんはお2人いらっしゃいます。

 

2018年11月現在お子さんは長女ちゃんが4歳、次女ちゃんが2歳になっていますね、かわいい盛り、北川悠仁さんも目尻がさらに下がる様子がわかりますよね。気になるお子さんたちのお名前ですが、長女ちゃんのお名前が『桜子』ちゃんだという噂が流れていますが、北川悠仁さんご本人から一切のお子さんに関する情報は発信されていません。

 

桜子ちゃんというお名前だという根拠が全く無いのでただの噂であることが分かります、次女ちゃんについても同じく、お名前などは公開されていません。

 

 

このお写真は北川悠仁さんの奥様が出された著書の表紙のお写真、顔をはっきりっとは写っていませんが、お嬢さんたちのようです。北川悠仁さんはお名前を公表していないことからもわかるように、お子さんたちのお顔のお写真を公表はされていません。

 

いつか大きくなってからなにかの形でお子さんのお顔を見ることができることを期待したいですね。では先程からお写真などで登場している北川悠仁さんの奥様についても調べていきましょう。

スポンサードリンク

 

【嫁は高島彩?】

 

北川悠仁さんの奥様は、元・フジテレビアナウンサーで現在はフリーとなり、女優さんとしても活躍している高島彩さんです。

 

 

お2人は2005年に高島彩さんが出演し司会を努めていた『めざましテレビ』のテーマソングをゆずが手がけたことで番組にも出演されその共演がきっかけで知り合い、その後交際に発展しています。奥様の高島彩さんも『あの日の朝がこのような縁で2人が結ばれるとは思いもしなかった』と結婚発表の際に語っていました。

 

6年間の交際を経てお2人は2011年にめでたく結婚という運びになりました。お子さん2人が女の子ということを考えると、これはどちらに似ても可愛いこと間違いないですね。

 

【母親は宗教の教祖?】

 

さて、北川悠仁さんについて調べていると必ずと言ってよいほどお母様に関する情報が入ってきています、これは一体どういうことなのでしょうか?じつはとても有名な話で、北川悠仁さんのお母様である北川敬子さんは宗教家であり教祖だという情報があります。

 

お母様は子供の頃に別の宗教に入信しますが、1999年にその宗教からは離れていて、同じ年に『かむながらのみち』という宗教を立ち上げ、そこで教祖として現在も活動しているといいます、『神仏和合』の精神を基本としている宗教で、人と大自然の法則が一体となってこの世で生きていく命の道という考えのもと活動されています。信者はなんと1000人以上と言われています。

 

一部報道ではこのお母様からの宗教の勧誘が結婚の足かせになっているなんて話もありましたが、息子の幸せを願う母親であればそこまで宗教を理由に結婚を反対はしないのではないかとも思います、ただ日本は宗教に関してはかなり敏感に反応しますので仕方ないかもしれませんね。

 

【まとめ】

 

 

今回は『ゆず』のリーダー北川悠仁さんの私生活について調べてきました。2011年に結婚した元・フジテレビアナウンサーの高島彩さんとの間には可愛い女の子が2人も誕生していて、公私共にとても幸せなプライベートを過ごしておられる北川悠仁さん。

 

お母様はご自身が立ち上げた宗教の教祖として活動されているなどいろいろ分かりました。これからもゆずとして心に残り素敵な歌を生み出していくことを期待して応援していきたいと思いました。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)